北九州市民が、脅され、踊らされた “守恒小学校でクラスター発生” の真相


 2020年5月31日、北九州市小倉南区の守恒小学校の児童4人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

 しかし、これは、インチキPCR検査を使って行われた大衆に対する脅しだったのです。この脅しによって、北九州市民はそれまでよりさらに神経質になり、マスク(奴隷・服従・洗脳の象徴)がさらに強固に定着する切っ掛けになりました。
 緊急事態宣言が解除された矢先に、日本中の国民を脅す目的のために、北九州市は、守恒小は、生贄にされ、子供たちは学びと遊びの機会を奪われたのです。

 以下に、東洋経済オンラインに掲載された、インチキPCR検査によって発生させられた小学校でのインチキクラスターのカラクリの部分を転載します。
「PCR検査・隔離」の膨張が引き起こす現実の問題 (1ページ目)より


 マスクしている方、お子さんにマスクをさせている方は、東洋経済の記事を全部読んでみてください。

 この記事を評価しているツイートもご紹介します。


 東洋経済に紹介された小学校は、守恒小学校ではないかもしれませんが、PCR検査がインチキである事には変わりなく、本質的に同じ経過でクラスターにされました。

 緊急事態宣言の解除後、守恒小学校が全国に先駆けてクラスターを発生させられたのは、厚労省が5月29日に発表した「濃厚接触者全員のPCR検査実施」を、北九州市は厚労省より早く、25日から実施すると発表し、23日に発生したPCR陽性者に遡って濃厚接触者全員に検査を実施したからです。

 下に報ステのツイート動画を貼り付けますが、登場した御用学者は、「徹底的に検査を行ったことで、水面下の無症状者があぶり出された形になった」と解説し、女性アナウンサーは続けて、「やはり、無症状の方、自分がこう、症状が無いために移してしまうリスクが大きい、ということで、そういった無症状の方を把握することがより早いコロナの終息に繋がるのではないか、と話されていました」と結んでいます。
 PCR陽性でも無症状であれば感染者とは言えない(PCR検査、抗体検査は感染症の確定診断ではない)にもかかわらず、「水面下の無症状者」と嘘を言い(無症状“感染”者、と表現しないところも狡猾)、PCR陽性でも無症状であれば他人に移さないにもかかわらず、「症状が無いために移してしまうリスクが大きい」と嘘を言っています。このような言い回しで、テレビ・新聞・ラジオは大衆をダマしています。



 小中学生にとって、新型コロナウイルス(居るのか居ないのかも未確定)が、インフルエンザに比べてもいかに無害なのかは、武田邦彦氏の動画を見ても分かります。

動画:【武田邦彦 8/17】信じられない結果が出たぞ!最新のデータに、ある計算処理をした結果 →「私たちはこんなものを相手にしているのか!」



 「無症状だけどPCR陽性だから感染者だ」とカウントすることが、いかに滑稽かを、以下の動画で語っています。是非、最初の4分間だけでも聞いてみてください。
動画:【武田邦彦 8/15緊急配信】ついに核心が分かりました! 大至急、WHOとYoutubeに削除される前にご覧下さい!


 至極、納得したので、その一部を書き起こしました。
(ここから)-----
 今度の新型コロナウイルスってのはですね、どうも、PCR陽性者っていうのが、まあ怪しげなんですが、まあPCRが陽性になると、一応新型コロナ感染者になるんですね。そのうち、一応、無症状と言っている人が4割、40%、だから約半分くらいが症状が無いんですね。今までの風邪の、風邪を引いたとか、インフルエンザになったっつのはですね、症状が出た場合を言うんですよ。「症状が無い人の風邪」、って言うのはね、ちょっと、もう、ほとんど頭がおかしい人しか言わないでしょうね。だって、症状が無いんですから。鼻水も出ない、咳も出ない、熱も出ない、何も起こらない、“だけど私は風邪を引いている”、なんつったらですね、“インフルエンザにかかった”って言ったら、“ちょっとアンタ、頭がおかしくなったんじゃないか?”って、まあ、言われるでしょうね。だから、今まあ、コロナで、テレビウイルスにみんなが、新型コロナウイルスに罹ったんじゃなくて、テレビウイルスに罹っちゃってますからね。
 「無症状感染者」って言うのかな? 無症状の人は普通、病気って言わないんですよ、風邪なんかの場合はですよ。そんなのは当たり前のことで、風邪ってのは、症状が出てからでいいって、今までお医者さん、みんなそう言ってたんですけどね。症状が出ないのに病院に行ったら、多分病院は相手にしてくれないと思うんですよ。~略~(4:00まで続きます)
(ここまで)-----


 新型コロナは風邪なの? と思っている方もいるかもしれませんが、厚労省も「新型コロナ感染症とはウイルス性の風邪の一種です」と言っています。
 にもかかわらず、マスクだ、ソーシャルディスタンスだ、PCR検査だ、無症状でも陽性なら隔離だ、自粛だ、クラスターだ、国民全員ワクチンだ、と東京都と政府とテレビによってバカ騒ぎさせられて、経済と仕事と生活と健康を壊され、子供たちは学びと遊びの機会を奪われたのです。


※加筆 2020/09/16
“クラスターは起こしたいところに自由自在に起こせる”





 最後に、“守恒小でっち上げクラスター” について書かれた当時の記事を一つだけリンクしておきます。

【新型コロナ】北九州市の守恒小学校でクラスター発生|感染したのは誰?感染経路は?

 この記事には、武田先生のおっしゃる「テレビウイルス」(=メディアウイルス)で踊らされた人たちのツイートも載っています。

 PCR陽性の小学生が同居祖父母に新型コロナを移したら、その小学生の心が傷つく、と心配しているツイートもありますが、PCR陽性の健常者(無症状者)が他人に移すというエビデンスはありません。

 来院される飼い主さんの中にも、“自分が周りの人に移したら申し訳ないから”、というのをマスクを着ける理由のひとつにしている方もいらっしゃいます。そのように思っている(思い込まされている)のは、テレビ・新聞・ラジオの巧みな(インチキな)言い回しや映像(動画、グラフ、パネルなど)やインチキ専門家によってごまかされている(ダマされて)いるからです。

(終わり)




インチキコロナプランデミックの本質的な事

 以下の事を知れば(納得できれば)、自信を持ってマスクを外せるかもしれません。
 エビデンスやソースを示さずに、乱暴に箇条書きしましたが、大外れはしてないと思います。

・新型コロナウイルスは存在自体が未だに証明されていない。
・新型コロナウイルスは、少なくとも今は、 “テレビウイルス”(=メディアウイルス)。
・存在しているとしても、新型コロナウイルス感染症の死亡率はインフルエンザと同等。
・過去、インフルエンザが作シーズンより大発生した年でも、各国は今回のような対策を行わなかった。今年はなぜ行うのか?それは、支配者層のアジェンダがあるから。
・新型コロナウイルスのパンデミックは、世界レベルの大嘘。計画されてでっち上げられたインチキパンデミック(=プランデミック=茶番デミック)。
・新型コロナプランデミックを起こしたのも、9.11のヤラセ(自作自演)を起こしたのも、同じ世界支配者層。ビルに突っ込んだ飛行機はCG(コンピュータグラフィック)。
・月面着陸も、“エイズの原因はHIV”も嘘。これ以外にも驚愕する嘘がたくさん。支配者層がでっち上げた嘘だらけの現世。
・世界支配者層の目標は、世界統一政府樹立(共産主義政府)、超監視社会、デジタル通貨、人口削減(77億→5~10億)、強制ワクチン、マイクロチップ埋め込み、超管理社会、生活費配給制、食糧配給制、…つまり、共産中国の世界版、全人類の奴隷化。
・実在する国連アジェンダ21/2030年への目標:世界政府、キャッシュレス社会、世界銀行、軍事も一つ、国家主権の終焉、私有財産の禁止、家族の終了、人口削減、強制ワクチン、ベーシックインカム、マイクロチップ(買い物,旅行に)、社会信用システム(個人の"スコア化".中国で実施済)、5Gによる監視社会(IoT)、…つまり、国連は支配者層の支配下にあり、アジェンダは実在する。
・インチキコロナプランデミックはアジェンダの実現に向けて具体的に動き出した明確な第一歩。
第三次世界大戦も既定路線?????インチキコロナプランデミックが失敗したら?????関係なく?????
・世界中のテレビ・新聞・ラジオは、世界支配者層によって支配されている。NHKも民放も。世界三大通信社も。
・だから、各国のテレビ・新聞・ラジオは、支配者層・政府に都合の良いニュースを流し、大衆に知られたくないニュースを隠す。“偏向報道”と“情報隠蔽”。
・今や、ネットのGoogle/YouTube、Facebook、Twitterもコロナ騒ぎを機に、情報統制・言論弾圧が一層激しくなり、大衆に知られたくない情報を隠している。そもそも、Google/YouTube、Facebook、Twitterを開発したのは支配者層側。
・Google/YouTube、Facebook、Twitterで見せたい情報だけをいくつも見せ、それを見た大衆が “本当だ”、“大変だ” とシェアをしてプロパガンダの推進者となる。
・Googleを捨てて、DuckDuckGoなどの他の検索エンジンに変えなければ、見たい情報・隠された情報・真実・事実にたどり着けない。
・国連、WHOなどの国連の組織、は全て支配者層の支配下にある。
・民主主義国家の権力者のほとんどは支配者層の操り人形。トランプもプーチンも習近平も操り人形か仲間。だから、ニュースで登場しても振り回されない。安倍は日本人代表として一片の矜持もない〇〇使い(だからこそ、今の肩書きに据えられている)。
・アメリカ、ロシア、中国などの大国も水面下ではつながっている。国家間のイザコザは極論すればパフォーマンスであり、次のショック・ドクトリンの為の布石。
・今や世界のほとんどの国の政府が支配されているので、インチキパンデミックを起こす事ができた。一斉にロックダウン、緊急事態宣言をやった(やれた)のは、各国の権力者が操り人形だから。
・9.11事件以降に消されたフセイン大統領やカダフィ大佐などの独裁国家が存在していたら、インチキパンデミックは今のようにうまく行かなかったかもしれない。支配者層は今回のためにあらかじめ消しておいた、という見方もできるかも。
・陰謀論、という言葉は支配者層側が作った。日本のテレビは、陰謀論的な事実(メディア側が陰謀論にしておきたい事実)をニュースで報道せず、バラエティ番組でしか扱わない。そうすることで、その事実を語る者を “陰謀論者”とレッテルを張ってバカにする、信用されないようにする風潮を作っている。「陰謀論はリアル」。
・独裁国家は悪、民主主義国家は善、という価値観はテレビ・新聞・ラジオによる刷り込み。
・民主主義国家の選挙は、茶番。
・選挙で選ばれた民主主義国家の権力者のほとんどは、支配者層の傀儡or仲間。
・民主主義国家の権力者は、自国民の為ではなく、支配者層の為に政治を行う。世界政府の実現、自国民の人口削減・奴隷化に向けた政策のオンパレード。
・政府は必ず嘘を付く、隠す。
・ショック・ドクトリン:ドサクサ紛れに国民の為にならない法案を通すこと。今回のコロナ騒ぎでもいくつもやりましたし、今現在も進行中です(日英FTAなど)。
・戦後から終始一貫して、国民の為にならない法律を成立させ続けている政府、情報開示請求しても黒塗りの文書を公開し、さらに、今や、公文書を改竄することまでやるようになった政府が、新型コロナに関してだけは国民の健康や生活を守る為の政治を行っている、と思う方がどうかしている。
・日本の政策を決めているのは、政府・自民党でも官僚でもなく、月に2回開かれる日米合同委員会。
・与野党グル。国会審議はプロレス。
・支配者層の “両建て”戦略を知る。日本の自民党と民主党、アメリカの共和党と民主党、戦争国のどちら側にも資金援助。
・ロックフェラーやロスチャイルドなどの金融マフィア(国際金融資本、ユダヤ金融)、ロックフェラーと医療マフィア(ビッグファーマ)、ロスチャイルドと原発マフィア(日本では“原子力ムラ”or“原発ムラ”)を知る。
・金融マフィアに逆らった政治家は消され、医療マフィアに逆らった研究者は消され、原発マフィアに逆らった者は消されている現実。
・戦後から現在まで続いている“3S政策”(日本人白痴化政策)を知る。「はくち」→白痴、と変換候補が出ないのも無関係ではない。何でも差別用語にして言葉狩り。
・中韓朝は反日だけど、忘れていけないのは白人も反日。「欧米人から見れば日本人も韓国人も中国人も同じ有色人種。まして日本は経済植民地だから、国民は搾取して使い捨てる原住民の扱い。」

・新型コロナのPCR検査は、そもそもインチキ検査。妊娠検査における妊婦のような黄金標準がない(検査の正確性は黄金標準がないと分からない)。
・PCR検査は、遺伝子を増幅するだけの検査であり、(これだけを以て)「この検査は感染症の診断に使われるべきではない(キャリー・マリス)」
・新型コロナのPCR検査の擬陽性率は、ある論文では80%(陽性と判定された10人のうち8人は陽性ではない→10人の隔離、自粛、濃厚接触者の検査→擬陽性の8人とその周りの人たちの生活破壊)。
・インチキコロナプランデミックでダマしのキモに用いられているのがPCR検査。
・パパイヤ、ヤギ、ウズラの卵、未使用の綿棒でも陽性になることがある。
・インフルエンザ、マイコプラズマ、新型コロナ以外の常在コロナなどでも陽性になることがある。
・PCR検査は、プライマー、増幅回数、陽性判定基準の選択によって、陽性結果を出やすくすることができる。
・例えば、増幅回数を20回にすればほとんど陰性、50回ならほぼ100%陽性になる。増幅回数20回でも、判定基準を緩めれば陽性にすることができる。恣意的に陽性・陰性をコントロールできる。
・例えば、支配者層が、世界中のPCR検査装置の増幅回数を明日から、現在の35回(キットによって異なる)から20回にしろ、と命令したら陽性者数はゼロになってプランデミックを終わらせることができる、というくらいに結果を左右できるいい加減な検査。
・PCR陽性者=感染者、ではないにも拘わらず、東京都&政府、テレビ・新聞・ラジオは陽性者を感染者とすり替えてカウントして、人数で煽って国民を脅している。
・東京都と国は、無症状の人にもPCR検査を推奨し、陽性者=感染者として、インチキ感染者を増やしている。
・新宿区は、インチキ感染者に10万円の見舞金を出すことを決め、検査を受ける人を増やした。
・その結果、東京都のインチキ感染者は増えたが、その半数以上は、日本人ではなく、国籍不明者であることも判明した。
・医療機関で、新型コロナ患者を受け入れたり、死因を新型コロナと診断すると、補助金が出る。アメリカの病院では金額が大きく、骨折でもコロナ、などと揶揄されている。さらに、家に帰すより、病院内で死んでくれると補助金が10倍になる。
・厚生労働省は、死因が別であっても、PCR検査が陽性なら、死因を新型コロナとしてカウントして報告するように通知を出して、新型コロナの死者数を水増ししている。海外も同じ。
・海外では、検査なしの症状だけで、新型コロナウイルスによる死亡と診断させていたことも、死者数が多い理由。
・死者数が増加しなくなった今の季節、日本を含む各国の政府・メディアは、今まで死者数で脅してきたのを、感染者数に切り替えた。インチキPCR検査を無症状者に拡大してでっちあげた感染者数に。
・支配者層・政府・テレビは “恐怖”で支配する。
・支配者層・政府・テレビはインチキPCR検査ででっち上げた数字を使って、“恐怖”で支配している。
・「コロナはもはや感染症の問題じゃないんですよ。ビジネスと社会変革の為の商業ツール、政治ツールなんです」
・PCR陽性でも無症状なら、他人に移さない。マスクをしなくても。一人の無症状陽性者を400人に暴露させても、一人も陽性にならなかった、という論文もある。
・マスクは、自分が新型コロナウイルスに感染するのを予防しない。ウイルスの大きさは、マスクの繊維の隙間を簡単に通過できるくらいに小さい。
・マスクは他人への飛沫飛散防止のエチケットが目的。無症状者がするのは意味がない。
・無症状にも拘わらずマスクを日常的にしていると、免疫力が低下し、真菌性肺炎などの感染リスクが上がる。
・無症状なのにマスクをして免疫力を下げていると、冬の風邪のシーズンに、風邪にかかりやすくなったり重症化したりする。→その人数を、東京都と政府とテレビ・新聞・ラジオは新型コロナとカウントして煽る予定。
・マスクは、洗脳・服従・奴隷のシンボル。
・マスクは、→ワクチン接種→マイクロチップ埋め込み、を受け入れさせるためのマインドコントロールの道具。マスクをさせることで、洗脳・服従・奴隷根性を維持・強化する。
・「マスクは(インチキ)ウィルスが蔓延していることを視覚的に人々に思い出させるのに役立つ」
・犬猫のマイクロチップによる生体認証は、人にマイクロチップを導入するための精神的な地ならしの目的が(も)ある(生体に異物を埋め込むことを“当たり前”として受け入れさせる)。犬猫の健康、費用、本来の目的を考えれば首輪の活用で十分だが、飼い主さんへの啓蒙・首輪の機能向上の方向にベクトルが向かわない(利益・利権が絡む)。
・そもそも、存在しない(存在証明がされてない)新型コロナウイルスに対するワクチンは作りようがない。
・新型コロナワクチンは、遺伝子組み換えワクチン。今までにない新しい製法にもかかわらず、開発期間は従来ワクチンの2~10年より短い。
・有効性・安全性の試験は十分でないので、2021年前半から開始される接種は人体実験に等しい。
・子宮頸がんワクチンの例で学習したように、そもそも、新しいワクチンを率先して接種するのは危険。
・新型コロナワクチンの目的は、予防ではなく、医療マフィアの資金稼ぎと大衆管理の容易化と人口抑制。
・日本では、“無知”と“恐怖”で支配された人は、新型コロナワクチンを自ら受け入れる。オーストラリアとニュージーランドでは、狂気の強制(?)。明日の日本か?

・ネット検索およびSNSをやらず、テレビ・新聞・ラジオしか見てない人は、支配者層・政府・洗脳メディアの嘘に簡単にダマされる。
・テレビに登場する専門家を選んでいるのは、支配者層・政府・メディアの側。都合の良い発言をする専門家しかテレビに出させない。政策に影響を与える専門家会議や分科会の専門家も同様。
・テレビに登場する大学教授・医者・専門家は本当のこと、正しいことを言う頭のいい善人であるとか、テレビ・新聞・ラジオの人柄のよさそうなアナウンサー・キャスターの言うことは正しいとか、頭から信じていたら、それはマチガイ。
・政府は、新型コロナ対策の専門家会議は政権批判を封じるために、突如、廃止し、新たに新型コロナ対策分科会を発足させたが、会長は尾身茂という厚生官僚上がりのド素人。WHOと一体となって全国民に危険なワクチン接種を受けさせるように誘導するのも分科会の役目。
・嘘を頻繁に繰り返せば人々は最後にはそれを信じる。- ゲッペルス
 ストーリーを語る者が世界を支配する。ー プラトン
・来院される飼い主さんのほとんどはマスクをしており、マスクをしている方のほとんどは、TwitterなどのSNSを情報源として活用していない。
・各国政府は、自国民の健康・生命・生活・平和を守る為に国民にマスク・三密回避・自粛をさせているのではなく、世界支配者層の目的の為にさせている。
・「ロックダウン、マスク強制、ソーシャル・ディスタンシングなどの非人道的な政策によって、私たちの生活が真綿で首を絞められるように困難に直面しています。これが全世界で同時進行しているというのは、歴史上これが初めてです。」
・~ 他


・動画:PLANDEMIC / プランデミック SHORT 1〜10 ALL
(PLANDEMIC=仕組まれたパンデミック)



・動画:プランデミックII INDOCTORNATION
(INDOCTORNATION=教化、教え込むこと、洗脳)



アンドリュー・カウフマン:存在証明の無い物のワクチンは作りようがない
(タイトルの内容以外にも色々と語っています。長いビデオなので、音を消して再生速度を早くして字幕だけを追うと時短できます。)



 以上。




#君は隣の人間を起こせhttps://twitter.com/GAIAFORCETV/status/1259157936733069312

2020年08月24日