病院だより

一覧

動物用医療保険は得か?損か?

飼主様が動物の保険に加入して、得をするか損をするかの分岐点は、
 50%の保険の場合は、(支払った保険料)÷0.5
 70%の保険の場合は、(支払った保険料)÷0.7
です。

つまり、
 50%の保険の場合は、支払った保険料の2倍の金額の病気や怪我をしないと元を取れない、
 70%の保険の場合は、支払った保険料の約1.4倍の金額の病気や怪我をしないと元を取れない、
というこうとです。

例えば、50%の保険の1年間の保険料が24000円(月2000円)の場合、
1年間で、24000円÷0.5=48000円 分の病気や怪我をしないと、元を取れません。
例えば、8年間保険に加入し続けた場合だと、24000円÷0.5x8=384000円 分の病気や怪我をしないと元を取れないということになります。

実際の保険料は、年24000円よりも、もっと高いことが多いです。

例えば、ダックスフンド(ミニチュア)を飼うことになって、アニコムの50%の保険に0歳から7歳まで8年間、年払いで保険料を払い続けると、支払い総額は266040円
(「プラン別 一般契約 基本保険料表・品種表」 ふぁみりぃ50%プラン、Bクラス)
ですから、損得の分岐点は、
266040円÷0.5=532080円、
8年間で53万2千円分の病気や怪我をして、やっと元を取れる、
ということになります。

70%の保険なら(ふぁみりぃ70%プラン、Bクラス)、
8年間の支払い総額は、360910円、
損得の分岐点は、
360910円÷0.7=515585円
8年間で51万5千円分の病気や怪我をして、やっと元を取れる、
ということになります。

50%は53万2千円、70%は51万5千円で、損得の分岐点は、ほぼ同じなのに、支払う保険料は、26万6千円と36万円ですから、約10万円も違います。

つまり、50%保険は5割自己負担、70%保険は3割自己負担ですから、一見、70%保険の方がお徳のように感じますが、実際は8年間で10万円も多く保険料を支払っている(支払わされている)ことになります。


保険に加入して、元を取れるかもしれない場合とは、
・若くしてアレルギーなどの慢性疾患にかかって、年間に6万円以上の医療費が毎年かかる場合(上記ダックスフンドの例)、
・運悪く結果的に(8年間で)、骨折や開腹手術を必要とする病気などの大きな怪我や病気に、2度も3度もなってしまった場合、
・かかりつけの病院の診療費が高めの場合(診療レベルや治療方針によって検査及び治療内容が違ってくるため診療費が異なる、同程度の治療でも自由診療のため病院によって診療費が異なる、都会か田舎かの地域差によっても診療費が異なる)、
・保険に加入して最初の頃に大きな怪我や病気にかかり、一旦治った後、何らかの理由で1~2年後に急死した場合、
などです。

化学物質(添加物)がたっぷり入っている市販のおやつやデンタルガムや、飼主様が食べるための人の味付けの食べ物を毎日与えたり、必要以上に食餌やおやつを与えて肥満にさせたりするような、病気や怪我になりやすい食生活をさせている場合は、運が良ければ(?)元を取れるかもしれません。

食生活に気をつけている場合は、1頭より2頭、2頭より3頭と、保険に多く加入しているほど、元を取れる確率は下がります。

また、何年間も保険料を支払っても、動物が急死した場合は、飼主様が保険料を回収する機会はその瞬間に失われ、保険料は保険会社の利益になります。
しかし、仮に、保険会社に支払ったつもりで、年に1回、例えば動物のために作った通帳に保険料と同程度のお金を積み立てておけば、動物が急死した場合でも飼主様の貯金として残ります。

高齢になると、確かに病気になりやすいですが、そこから先の医療費は積み立てていたお金から支払うことが出来ます。

積み立てておけば、運悪く、大きな怪我や病気をしても積み立てたお金から医療費を支払うことが出来ます。
若くして大きな怪我や病気になった場合は、積み立てられたお金が少ないですが、何年間も保険料を支払う予定だったのですから、1年目で怪我や病気になるか、8年目や10年目でなるかの違いでしかありません。

結果的に高額な医療費がかかった場合、足りない分は手出しになりますが、保険に加入していた場合と比べて損をするケースは、上述のようにあまり多くはないでしょう。

大きな怪我や病気で、その時に50万~100万円の医療費がかかっても、家族の貯蓄から支払う余裕があるなら、わざわざ動物用に積み立てる必要もないでしょう。浪費して貯金の管理ができないのであれば積み立ててください。

2回も3回も高額な医療費を必要とする病気や怪我になった場合のことが心配で、その滅多にない状況になった場合に、「運が悪かった」、或いは「飼い方(食べ物の与え方)が悪かった」などとあきらめる気持ちの余裕がなければ、積み立てるより保険に加入しておいた方がよいでしょう。

生後1歳前後までは、
・食欲が旺盛なので、異物を飲み込んだり、ゴミ箱をあさったりして、腸閉塞を起こしたり、
・元気で活発に動いたり走り回ったりするので、高いところから落ちたり、抱いていて誤って落としたりして、骨折したり、
するなどの事故が多いので、購入時に保険に加入していたのであれば、2~3年目まで継続して加入しておいた方が無難かもしれません。
特に、初めて動物を飼う飼主様は、子犬・子猫の餌の与え方、取扱いに慣れていないので事故が起きやすいようです。事故の起きやすさは、子犬・子猫の性格も関係していて、活発に動く元気な子犬・子猫ほど、事故が起きやすいです。

相互扶助の精神で、元を取ることにこだわりがなければ、保険に加入しておくという選択でよいでしょう。飼主様が元を取れなかったお金は、保険会社の利益になりますが。


診療明細を保存している飼主様は、保険会社の利益にどのくらい貢献してきたか、一度計算してみてはいかがでしょうか?

50%保険の場合:
 (診療費の合計)>{(保険会社に支払った保険料の合計)÷0.5 }
70%保険の場合:
 (診療費の合計)>{(保険会社に支払った保険料の合計)÷0.7 }

ならば、得をしていることになります。
(※)「診療費の合計」は、保険に加入していなかった場合に飼主様が支払う費用です。病院の受付けで清算できるタイプの保険のアニコムやアイペットに加入していた場合は、保険分が差し引かれた自己負担分(5割、または3割)が受付けで請求されます。


ご参考までに、保険に加入することを薦めるサイトと薦めないサイトへのリンクを貼り付けておきます。
そもそもペット保険は入ったほうがいいのか?家庭でのペット貯金と比較してみた
ペットに保険は必要ない!?その理由をお話しします

テレビでは人の医療保険、がん保険のCMが盛んに放映されていますね。
参考リンク

ちなみに、生命保険の中で利用価値があるは、
子供が自立するまでの間、世帯主の万が一に備える保険」(「万が一の場合、○千万円が支払われます」、あるいは「毎月○万円が、故人が60歳に到達したはずの年まで支払われます」といった内容の保険)、つまり、「定期保険」「収入保障保険」だそうです。
(「生命保険の嘘:「安心料」はまやかしだ」p204)

2018年11月09日

給水ボトルは必要か?

ペットショップで小犬や子猫を買うとき、フードのセットなどと共に、給水ボトルも一緒に買わされることが一般的ですが、そもそも、給水ボトルは犬や猫などの動物に必要なものでしょうか?

給水ボトルのメリットとデメリットについて述べているサイトへのリンクを貼り付けておきます。
犬の水飲み用にノズルタイプの給水器を使うメリット・デメリット

子犬や子猫の場合、器に水を入れておくと、興奮した時にひっくり返したり、おもちゃにしてひっくり返したりすることが多くあって、片付けに手間がかかるので、生後数ヶ月くらいまでは使っても良いかな、とも思いますが、
・水入れの器を、ケージの奥の方(壁側)に置いておく、
・ずっしりとした陶器の器を使う、
・ひっくり返りにくい形状(富士型)の器を使う、
などの対応で解決できるので、やっぱりいらないと思います。


犬や猫の本来の水の飲み方の動画をみれば、給水ボトルは動物に不要な器具であることが、理屈抜きに分かっていただけると思います。
【研究結果】 猫と犬の水を飲み方の違いについて - ねこにゅー
猫と犬で水の飲み方に違い 猫は「巧みで優雅」――米大学


給水ボトルで水を飲ませると、不自然な飲み方で水を飲まざるを得ず、また、たくさん飲みたい時でも、がぶ飲みが出来ないので、毎日常に多かれ少なかれ脱水気味になりやすいと思います。
給水ボトルだけで水を与えている飼主様は、器に変えることをお薦めします。

2018年11月10日

水道水を飲ませても大丈夫?ミネラルウォーターは安全?

ネットで、「水道水 有害物質」で検索をかけてみてください。
検索結果

水道水には、様々な有害物質が含まれています。水にこだわりがある方なら、塩素、トリハロメタン、鉛、などがすぐに思い浮かぶでしょう。
→参考:水道水およびミネラルウォーターの有害物質

有害物質を含む水を摂取し続けると、
・発癌
・免疫異常(アレルギー、アトピー、喘息など)
・不妊(催奇形性、流産含む)
・肝、腎などの臓器障害
・神経系の異常
・内分泌系の異常(環境ホルモン)
などのリスクが高まります。
→参考:水道水の有害物質と水質基準


水道水の有害物質を減らすには次の方法があります。
・浄水器を使う
・水道水を沸騰させる

「浄水器」にはいろんなタイプ、性能、価格がありますので調べてみてください。

「水道水を沸騰させる」ことで減らすことができる有害物質は、塩素とトリハロメタンですが、トリハロメタンは15~20分以上沸騰させないと逆に濃度が2~3倍に高まるので注意が必要です。沸騰させても、鉛や硝酸態窒素&亜硝酸態窒素や放射性物質などの他の有害物質を除去することはできません。
→参考:発がん性物質 トリハロメタン」が生成される水道水
    放射性物質と窒素化合物と人体

ご家族やペットが飲む水には浄水器を使うことをお薦めしますが、浄水器では硝酸態窒素&亜硝酸態窒素を除去できません(逆浸透膜浄水器なら除去できますが、ミネラルも除去された純水になるので、下痢をしやすく、飲用に適さない)。
また、シャワーや風呂を通して吸収する有害物質の量は水道水を飲む100倍の量となります。シャワーとお風呂ではシャワーの方がシャワーヘッドで水滴にされる表面積が広くなる分、吸収が多くなります(ビッツパーグ大学の水道化学の教授)。できれば、ご家族が使うシャワーヘッドも浄水器のタイプに交換した方がよさそうです。

浄水器を取り付けても、さらに安全性を高めるためには、料理用と飲料用の水には有害物質がより少ない水が望ましいでしょう。

現在は、たくさんの銘柄のミネラルウォーターが販売されていますが、ほとんどの製品に、硝酸態窒素&亜硝酸態窒素が検出されています。





硝酸態窒素&亜硝酸態窒素を含まない製品として、現在お薦めできるのは「リセットタイム」です。
→参考:ResetTimesのこだわり 安心・安全の理由
    http://resettimes.com/safety.html

リセットタイムの採水地は島根県ですから、放射能汚染の心配も少ないです。2019年3月11日で東日本大震災から8年になりますが、関東~新潟~東北では現在でも水道水から半減期が30年のセシウム137(Cs-137)が検出されています。東京では半減期が2年のCs-134まで出ています。ミネラルウォーターも採水地が関東~新潟~東北のものは危険です。
(何故か、大阪と兵庫では半減期が8日のヨウ素が検出されています)
→参考:環境放射能水準調査結果(上水(蛇口))
    http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/list/194/list-1.html

スーパーやドラッグストアやコンビニで手に入るミネラルウォーターに比べれば高価ですが、価格がハードルになっている方は当院にご相談ください。

【リセットタイム】南雲先生ロングインタビュー

https://www.youtube.com/watch?v=8HOlgiFTuzo
2018年11月11日

フィラリア症の予防薬は12月まで必要なの?

予防薬の投薬期間は、
「蚊の発生後1ヵ月から蚊の発生終息1ヵ月後までの間」
とされています。

つまり、
最初の投薬時期は、蚊が出始めてから1ヶ月以内、
最後の投薬時期は、蚊を見なくなってから1ヶ月以内、
ということです。

蚊が出始める時期や、蚊が出終わる時期は、年や地域によって違います。
HDUという概念を用いて、その年の気温のデータから、蚊が出始める時期と出終わった時期(正確には、蚊が感染能力を持ち始めた日と感染能力を失った日)の目安を決めることが出来ます。

福岡県の2002年~2017年の16年間では、
感染開始の最早日は5月2日、最遅日は5月20日、
感染終了の最早日は11月3日、最遅日は11月21日
です。(No.192 HDUを用いた近年の犬糸状虫感染期間

この過去のデータから言えることは、
最初の投薬は遅くとも6月2日頃迄に行い、最後の投薬は11月21日を過ぎた頃に行なえば、フィラリア症を予防できるということです。

このデータから、当院では、飼主様の投薬の利便性、効率を考慮して、
5月末から11月末まで、毎月末日に計7回、投薬することを推奨しています。
(最初の投薬が少し遅れて6月初旬になった場合は、毎月初旬に、12月初旬まで、
最初の投薬がずれ込んで6月中旬であれば、毎月中旬に、12月中旬までになります)

表題の、「フィラリア症の予防は12月まで必要か?」についてですが、過去のデータから言える事は、
「福岡県では、11月の投薬が下旬(21日から末日までの間)であれば、1ヵ月後の12月下旬は飲ませる必要がない」
ということになります。

別の表現をすれば、シーズン最後の投薬は、11月下旬から12月中旬までに行なう必要がある、ということです。
万が一、最後の投薬を終えた後に、愛犬が蚊に刺された場合は、1ヶ月以内にもう一度内服させてください。

(※)注射タイプの予防薬は、わずかな確率ですが死亡事故が発生しているので、当院では採用しておりません。

2018年12月01日

フィラリア症の予防薬は4月から飲ませるの?

福岡県の感染開始の最早日は5月2日ですから、予防薬を5月2日より前に飲ませるのは意味がありません。
4月中に蚊を見たからと言って、あわてて飲ませなくても大丈夫です。
飲ませると、お薬(代)が無駄になります。
(「フィラリア症の予防薬は12月まで必要か?」参照)

予防薬の投薬期間は、
「蚊の発生後1ヵ月から蚊の発生終息1ヵ月後までの間」
ですから、5月3日~6月2日の間に、1回目の投薬を開始します。

効率を考えて、予防シーズン1回目の投薬は5月末日をお薦めします。

2018年12月02日